七夕,花火

令和2年度 会長挨拶

令和2年度 能代商工会議所青年部
田中秀範

会長 田中 秀範

令和2年度 ス ロ ー ガ ン

  ダイナミズム

~熱意をもって変革せよ!動かなければ変わらない~

所 信

昨年度は第5回会員大会能代大会を主管し、単会会長として価値ある経験をさせていただきました。多くの皆さまより能代にお越しいただき成功裏に終えることができたのは、能代YEGメンバーの多大なるご支援、ご協力があったからこそと思っております。改めて心より感謝申し上げます。

さて令和2年度も会長職を務めさせていただくこととなり、昨年よりもさらにパワーアップした能代YEGにしていきたいと考えております。前年の反省点をしっかりと踏まえ、見直すところは見直すといった運営を心がけることが最も肝要であると考えます。

今年度スローガンの「ダイナミズム」は力強さ、活力といった意味になりますが私はYEG活動を行っていく上で3つの活力が必要であると思っております。1つ目はYEG活動を通じ、様々な学びや交流を図ることで自身の成長、すなわち会社の発展につながる「経営のダイナミズム」、2つ目は積極的なYEG活動で人脈が拡がり、組織が活性化することで事業の更なる可能性へと昇華する「組織のダイナミズム」、3つ目は地域に対する提言や交流人口増加に関わる施策や事業を幅広く展開することで活力を創り、地域経済に寄与する「地域のダイナミズム」それらを生み出すことで3つの活力が結びつき好循環を構築していくものだと私は考えます。また今年はオリンピック開催の年でもあり日本全体が熱狂に包まれることが予想されます。能代山本地域ではイベント開催時期の変更、ホストタウン誘致による選手団の受け入れ準備など、例年と違う動きが能代山本郡全体として求められます。さらに、今年で最後となる「おなごりフェスティバル」に向けた市民意識の醸成など、決して他人事ではなく一人ひとり何が出来るか考え、行動に移すことが地域に希望の灯火を照らすことにつながると思いますので、まずは地域の為に何が出来るか共に考え行動しましょう。

結びになりますが、我々YEGメンバーの多くは経営者または経営に従事する者でありますが、この厳しい社会情勢の中で生き残っていくには今までと同じやり方や考え方では、近い将来淘汰されていく、そんな時代になりました。これからの時代は様々なニーズや変化に合わせ、柔軟に対応できる会社、組織だけが存続していけると言われています。そのような状況下で今年度は例年以上に大変な一年になることでしょう。会員の皆さまには逆境こそがチャンスであり、だからこそ得るものがあると思っていただきたいと思います。それが最終的には会員の為になることだと私は確信しています。商工会議所青年部の歌「伸びゆく大地」の歌詞の中に「歴史の舵はいつの世も熱ある者が取ってきた」という一文があります。能代YEGとして熱意をもって豊かな郷土を築くため、地域を変革する気概を持つことをお願い申し上げ私の所信と致します。一年間どうぞよろしくお願いします。

 

基本方針

令和2年度 能代商工会議所青年部 基本方針

1.地域の活力推進に向けた事業の実施

2.のしろみなと祭りの更なる発展に向けた企画・運営

3.能代YEGメンバーの参加率向上に向けた取り組み

4.次代を担う子どもたちに向けた事業の実施

5.各青年団体協議体発足に向けた取り組み

6.会員拡大活動の推進

 

■平成25年度 会長挨拶はこちら
■平成26年度 会長挨拶はこちら
■平成27年度 会長挨拶はこちら
■平成28年度 会長挨拶はこちら
■平成29年度 会長挨拶はこちら
■平成30年度 会長挨拶はこちら